So-net無料ブログ作成

無認可共済、今国会で規制緩和=参院選対策の思惑も−金融庁(時事通信)

 金融庁は、公益法人の職員など限られた組合員を対象とする「無認可共済」の規制を緩和するため、共済制度を包括する新法案を今国会に提出する検討に入った。過剰な規制で事業継続が難しくなっている共済が多いことに対応する。金融庁は昨年12月、半年かけて制度の在り方を議論すると発表したが、今年2月に突然、今国会への法案提出に日程を前倒しした。参院選を今夏に控え、迅速な対応をアピールしたいという与党側の思惑も透けて見える。
 無認可共済は保険に比べて加入条件が良く1990年代に注目を集めたが、96年に詐欺的商法が発覚した「オレンジ共済組合事件」をきっかけに社会問題化。金融審議会(首相の諮問機関)は規制導入の方針を決定し、無認可共済を原則禁止とする改正保険業法が2006年4月に施行された。 

【関連ニュース】
合併協議を再開へ=週明けに統合委
アリコジャパンに業務改善命令=顧客のカード情報が大量流出
郵政の株式公開「まだ決めていない」=亀井担当相
ヤマノHD会長がインサイダー取引=故山野愛子さんの三男
2億円超の過怠金=BNPパリバに東証など

女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」(産経新聞)
蓮池薫さん、新潟大の博士前期課程に合格(読売新聞)
「給与払わないと告発」元係長が阿久根市長に通告(読売新聞)
世界製薬大手12社が増収(医療介護CBニュース)
恐竜絶滅の原因は天体衝突 国際研究で裏付け(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。